末っ子の復帰!

4人の子供の育児、末っ子の自閉症スペクトラムと向き合って生きていく自分の心情と、子供達とのドタバタな日常をつずっていきます。

個性の時代?!

今の時代、自閉症、発達障害の子供や大人は増えているそうです。


末っ子は3歳位から、子供発達センターに通っています。その時に、日々のむちゃぶり・・いや、やんちゃぶりを担当の先生に相談していました。
担当の先生は「この子の個性なんだろうね( ̄▽ ̄)」とその都度、温かい目で見守っていてくれています。


この子の個性?・・・その時は私は何だかピンときませでした。('ω')


だって、この年齢になれば、これはできて当然!
これが喋れて当然! 当然! 当然! 当~然!!<`ヘ´>
そんな育児の中で子育てをしてきた私にとっては、「えっ?これができない?」「えっ!こんなことをする?」「なぜそう来るの・・・Σ(゚Д゚)」の連続の嵐。


きっと私の子育てが至らないからだわ・・・(/ω\) とか、きっと旦那が毎日ゴロゴロゴロゴロしているからだわ(-"-)(笑) とか、テレビの見過ぎだったのかな・・・とか原因探しの毎日でした。


そんな私に「この子の個性なんだろうね」という、ありがた~いお言葉は、本当に目から鱗が落ちる思いでした。そうか、個性なんだ(≧▽≦)!

3才にして強靭な包囲網をかいくぐり家から脱走を企て、その後警察のご厄介(保護(#^.^#)です)になること2回。
自らの身体能力を顧みず高い所から飛び降りて病院に運ばれること2回。
電気製品の探索が大好きで、壊した家電製品は数知れず・・・(少し大袈裟です(=^・^=)


今思うと、本当に、私の「こうあるべき」の枠から飛び出した「個性」なんだろうな・・と思います。そして、その個性は性格とかそういった性質のものではなく"脳みそ"の個性だったんです。そりゃぁ、脳みその形が違えば性格も思考も違うでしょうねぇ・・・。


「自閉症」と言う文庫本がありました。作者までは覚えていませんでしたが、自閉症スペクトラムの脳についての本です。その本によると、一般的に健常者と言われる私達の脳と自閉症を含む発達障害の人たちの脳の構造の違いについてこう書かれていました。


人間が胎児の段階で神経細胞を形成していく上では、アミノ酸や遺伝子伝導物質と言ったものが必要となってきます。

そのアミノ酸(バリン、ロイシン、など)を導く伝導物質が、アミノ酸の配列(並ぶ順番)を決め、それらの配列を転写、複写をすることでもう一つのアミノ酸の配列を作りだします。

その配列同士がつながる事によって見事な遺伝子のらせん構造が出来上がるそうです。
少し難しいのですが・・・(´・ω・)


そこで、私達は人間ですから、アミノ酸の配列の転写、複写の段階でミスが起こる事があるらしいのです。アミノ酸の配列のミスは遺伝子のらせん構造の崩壊を表しています。そうすることによって神経の伝達が上手くいかない神経細胞が出来上がってしまうというわけです。


驚きなのは、健常者といわれる人たちの身体にも、この崩壊した遺伝子構造が存在するということです。つまり、崩壊した遺伝子が症状を表さず、生きていくのに何ら支障はない状態の人を健常者と呼ぶのです。本によれば「100%完璧な神経伝達を持つ人はこの世にいない」ということです。


ということは、神経細胞自体が人によって全然異なる伝達の仕方をしているということです。これは何を考えて、何が好きで、何が嫌いで、何を得意とするかなんて人と同じであるわけがないのです。これは性格の違いではなく、脳の感じ方の癖なのです。


発達センターの先生たちの「この子の個性だから」の意味もうなずけます。(*'ω'*)
自閉症スペクトラムの人の脳は左脳が大きい事があるそうです。その分、右脳に関する事が不得意分野でもあるのかもしれません。(>_<) 人の気持ちを想像する。相手の立場を想像する。等々・・・


自分の子供が自閉症スペクトラムと知って、人の脳の個性を理解して(まだまだ理解しきれてはいませんが)本当に人間の奥深さを知りました。人間が出来上がるまでの複雑な工程は他の生き物では有り得ない神秘的なものですΣ(゚Д゚)。


自分を誰かと比べて劣っているとか、自分はダメなやつだとか、そんな事は小さなことです。劣っている事があれば、それを補うために何かが秀でている事は脳の世界で証明されています。そしてまた、苦手なことをカバーするために何かの脳が通常より働いていることもあるそうです。


苦手の反対は得意。嫌いの反対は好き!これがしたくない!の反対は、これがやりたい!

子供達は日々何を思って、何を感じて、自分を形成していくのか・・・とても楽しみです。
ハンディは自分を形成する要素でもあります。ピンチはチャンスでもあります。(これ、私のモットー(#^.^#)。)
人生はまだまだ長く楽しいぞ!!!(^^)!五感をフルに働かせて楽しもうね(≧▽≦)