末っ子の復帰!

4人の子供の育児、末っ子の自閉症スペクトラムと向き合って生きていく自分の心情と、子供達とのドタバタな日常をつずっていきます。

いつもありがとう・・・



うちには、自閉症スペクトラムの男の子がいます。


強いこだわりを示すこともあるので、なかなか一筋縄では行きません。( ̄▽ ̄)
ほかの兄弟達にいつも「ごめんね」と思うときは、家族ででかけたときです。


行きたい場所があって楽しみに出かけても、末っ子が何かに(例えば音とか)恐怖を示せば、だいたいは取り止めになってしまいます。まだまだ幼い子供たちは楽しみにしていたことが急に中止になったりするので、本当にガッカリします。


テレビを見ていても、恐怖映像を見ると(お化けや殺戮シーン)その印象が強く残ってしまってしばらくは、家の中の戸が開いていたりすると凄く気になるようで、あっけぱなしだと軽くパニックを起こします。
そんな訳でほかの子供たちは少し不満な日々を送っています。(´・ω・)


よく長男の友達が遊びに来てくれるのですが、それが末っ子にはうれしいらしく兄たちの遊び仲間に入れてほしくてついて回ります。
兄の遊び友達は本当に面白くて、ゲームもうまいのですが、自然を相手にした遊びも得意なんです。
例えば「カナヘビ取り」や飼育繁殖、蛇の探しの散策(ちょっと危険なので今はしていません)、カブト虫取り、川遊び、


こんな刺激的な遊びに入れてほしくて末っ子は兄たちについて回るのですが、足手まといになってしまいます。


そこで、みんなともっと遊びたいのに弟のお守りをしなければならない兄はたまに愚痴っています。(._.)「もっと俺だって遊びたいんだよー!!」


本当にそうですね。(*'ω'*)、まだまだ思いっきり遊びたい年頃です。


姉たちとは、テレビの主導権争いをしています。自閉症児は好きな事は繰り返す傾向にあるので、好きな録画番組やyouチューブの動画を何度も繰り返し見ます。姉たちも見たいお気に入りの番組があるので、「ねえ、いい加減番組変えてよ!」といらだっています。


最近は、待ちきれず激しく喧嘩して順番で見る事を教え込んでいます(>_<)


息子よ・・横並びの関係では許してもらえないこともあるんだよ・・・( ̄▽ ̄)


普段、末の弟には親が思っている以上に兄弟たちは気を使っているみたいで、喧嘩をした時はここぞとばかりに心の奥底を吐き出します。


わたしはといえば、「えーそうだったのぉ(;゚Д゚)」とびっくりするばかりで・・・本当にごめんなさいm(__)m


それでも子供たちの弟を思う気持ちは母の怒りが頂点に達した時に現れます。


「くうおらァァァー末っ子おおおーちょっとこーい!!」母の怒りが末っ子のことで頂点に達したときはみんなで一緒に弟をかばいます。あたふたしながら皆で「あーだったから」、「こーだったから」と言い訳を探してくれます。


なんだかんだいっても、弟は大事な兄弟、仲間なんだなといつも思います。
兄弟は媚びらない、遠慮しない、いい意味で横並びのリアルな人間関係の構図だと思います。
そんな中で、ハンディーを持つ者の大変さを感じたり・・でも、自分も上手く発散する方法を学んだりと・・・普通より大変かもしれません。


母は末っ子が大変な時なんだからわかってよ!!って勝手な思いを抱いていたけれど、違っていたんだね(*'ω'*)・・わかっていていつも我慢してくれていたんだよね!


心を込めて言います。子供たちよ「いつもありがとう💖」